×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

薄毛、増毛、育毛、髪の毛の悩みを解決するサイトです。

薄毛、増毛、育毛、髪の毛

髪の問題を解決する!

見出し髪の毛の修復周期

髪の毛の修復期間

髪の毛は平均的に約10万本あるといわれ、1日に50〜100本ほど自然に抜け落ちます。

1日に伸びる髪の毛の長さは0.3〜0.5ミリほど、1ヶ月で1センチほど伸びます。

髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)があり、約3〜5年で毛根の成長が止まり抜け落ちます。 その後、約2〜3ヶ月ほどで抜けた部分からまた新しい髪の毛が生えてきます。

ヘアサイクルは、細胞分裂が活発におこり新しい髪の毛が太くたくさん伸びる「成長期」、細胞の活動が弱く成長がとまる「退行期」、髪の毛が抜けて新しい毛を作る準備をおこなう「休止期」、この3サイクルを繰りかえします。


ヘアサイクル


・成長期(約3〜5年)
毛母細胞が活発に分裂し、新しい髪の毛が成長する。 髪全体のおよそ85〜90%を占めている。
・退行期(約2〜3週間)
毛母細胞の活動が弱まり、成長が止まる。 毛乳頭が毛母細胞と離れて下へ移動し、毛母細胞は上へ移動する。 髪全体のおよそ1%を占めている。
・休止期(約2〜3ヶ月)
毛乳頭は下のほうで縮小し、毛球部分は上へ移動したまま数ヶ月とどまる。 髪の毛が抜けて、新しい髪の準備段階にはいる。 髪全体のおよそ15%を占めている。

抜け毛のチェック

ヘアサイクル 抜けた髪の毛根の形によって、抜け毛の状態がわかります。健康な毛根の場合、先がマッチ棒のようにふくらみ髪の毛の倍ほどの大きさの形をしています。毛根の周りに皮脂や汚れ、フケなどが付いたものや先が細くなっているものは、何かのトラブルで抜けたと思われます。

バナースペース