×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

薄毛、増毛、育毛、髪の毛の悩みを解決するサイトです。

薄毛、増毛、育毛、髪の毛

髪の問題を解決する!

見出し世界各国の抜け毛事情

世界各国の抜け毛事情

2011年の某新聞社の記事で「世界薄毛ランキング」の特集がありましたので、
表をご紹介します。

「世界薄毛ランキング」から見えてくることがあり、私の知恵も含めてノートに載せました。
.

世界薄毛ランキング.jpg


上記の表から分かることとして…

欧州や豪州は薄毛率が高くなっています。10人いれば3〜4人は薄毛です。
一方アジアでは薄毛率は低くなっています。10人いれば2〜3人といったところでしょうか。

アジアでは薄毛の方は少ないというのが現状です。


薄毛の西高東低マップ

 

★ポイント★

  • 世界的に薄毛を見ると「西高東低」、いわゆる冬型の薄毛配置となっています。

薄毛率の高いチェコ・スペイン・ドイツなどは乳製品や肉製品が中心の食生活となっており、脂質を多く摂取していることが薄毛の要因となっています。

一方、アジアの食文化では脂質を摂取してもウーロン茶をはじめとした飲み物で脂質の 吸収を抑えたり、中華料理や韓国料理のピリカラに代表されるトウガラシが血行を良くすることで新陳代謝が活発になり頭髪にも効果があるのではないでしょう か。

 

薄毛に悩んでいる方はフィナステリド内服やミノキシジル外用の取り組みだけではなく、食生活を見直してみることが大切ではないでしょうか。 

★ポイント★

  • 「脂質の吸収を抑える」、「血行を良くする」、「新陳代謝を高める」
  • この3点が何度もこのサイトで言っていますが薄毛改善のキーワードです。

バナースペース