×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

薄毛、増毛、育毛、髪の毛の悩みを解決するサイトです。

薄毛、増毛、育毛、髪の毛

髪の問題を解決する!

見出し年齢別の抜け毛症状

年齢別の抜け毛症状

年齢別の薄毛・ハゲについて知ろう

ご自身の年齢に当てはめてみると、「はげ」が本当に改善できるのかどうかが見えてくる場合もあります。
たとえば、10代ではげてしまっていても、新陳代謝 が活発な時期ですから早期に治る可能性は高いですし、60代以降でハゲるのは、老化現象の一種のため、改善が難しい、といったように、年代別にもハゲの傾 向と対策は異なるものなのです。

30代以下の「若年性脱毛症」

若年性脱毛症とは男性型脱毛症のひとつで、20代〜30代という若い年齢で発生するハゲのことを指します。

年齢的、肉体的にまだ老化が始まっているとは呼べない年代でありながら、男性ホルモンのバランスが原因で毛母細胞が正常な毛髪サイクルを維持できなくなり、額の生え際や頭頂部の髪が細くなったり、抜け毛が多くなるなどして次第にハゲが目立つようになってしまうのが
若年性脱毛の特徴です。

また最近では成長期真っ只中であるはずの10代の若者の中にも、ハゲに悩む方が多く見受けられるようになりました。10代はもちろんのこと、20〜30代でも髪もまだまだ成長する時期ですので、本来その年齢でハゲるということ自体、異常なことであると言えるでしょう。

当サイトではそのような方の薄毛・ハゲを解消する方法がいくつか提示されているのでまずはそれを試して欲しいです。

人によってその進行度合いは様々ですが、新陳代謝が活発なこともあり、早期に体質改善や育毛剤を使用しての頭皮環境の正常化を図ることで比較的早くハゲ治っていくといった傾向が見受けられます。

40代以上の「壮年性脱毛症」

これは20代くらいからはじまり、50代あたりの壮年期までゆっくりはげていく状態のこととを言います。

男性型脱毛症を発症している中で70%を占めるといわれており、その壮年性脱毛症の特徴として、おでこあたりの生え際からハゲていき、後頭部に向かって後退していくパターン、後頭部から前頭部に向かってハゲていくパターンなどがあります。

本来の髪の毛は、細い、太い、直毛、ちぢれ毛のようなくせ毛など人それぞれですが、壮年性脱毛症になると以前と比べて明らかに短く、細くなっていきます。

原因は遺伝によるものが大きいとされ、同様に男性ホルモンが髪に与える影響も親から受け継がれる可能性が高いようです。

治療については、いくらかの費用がかかる場合があります。

当サイトではいくつかの方法を提示しているので是非試してください。

60代以上「 老人性脱毛症」

ヒトは60歳を超えると、頭髪にかかわらず、体毛全体が薄くなってきます。
新しい細胞を作る力が衰えるからです。

老人性脱毛症とは、老化に伴って誰にでも起こる健全な変化、つまり生理現象です。

壮年性脱毛症と異なり頭部全体の毛髪がハゲますが、医学的には全く問題ありません。

老人性脱毛症の原因は細胞の老化により働きが低下するために起こり、その進行には個人差があります。
60歳で頭髪すべてがハゲに近い状態になる人も いる一方で、80歳を過ぎてもハゲない人もいます。老化により多くの人に表れる自然な現象で、男性のケースでは男性型脱毛症と併発することが多いとされて います。

老人性脱毛症は、老化現象によって起こるものなので、男性型脱毛症に比べて実際に症状を止めることが難しい症状の一つです。
しかし、適切なマッサージや毛乳頭機能を活性化させるなどの対処によっては、はげを防止できる可能性もわずかには残っています。

当サイトにある抜け毛予防を是非とも試して欲しいと思います!

毛乳頭は、毛髪の成長に必要な栄養素を毛母細胞に送り出し指令を出す役割がありますが、この毛乳頭が存在する限り、髪の毛は生えてくるので、ハゲません。
毛乳頭を傷める喫煙や、白髪を抜くといった行為をなるべく止めることで、刺激を少なくしてあげるのが良いでしょう。


バナースペース