×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

薄毛、増毛、育毛、髪の毛の悩みを解決するサイトです。

薄毛、増毛、育毛、髪の毛

髪の問題を解決する!

見出しハゲる場所の違い

ハゲる場所の違い

ハゲる場所と進行について

人種によって、ハゲ方が違います。たとえば、黄色人種と白色人種でもハゲ方が違います。

日本人には生え際が薄くなるより先に、頭のてっぺんがはげることが多いようですが、 白人は前頭部の生え際とこめかみ部分が後退し、きれこみが深くなっていきます。

このように、ハゲ方のパターンには様々なものがありますが、以下のように分類することができます。

(1)髪の生えぎわからどんどん後退していくハゲ

髪の生えぎわからどんどん後退していくハゲの図解

日本人にもっとも多いといわれているハゲです。男性型脱毛症の定義でも用いられるタイプです。

(2)こめかみから進んでいくハゲ

こめかみから進んでいくハゲの図解

白人に多いといわれています。いわゆるM字型のハゲです。

(3)頭頂部がどんどん薄くなっていくハゲ

頭頂部がどんどん薄くなっていくハゲの図解

いわゆるO字型というものです。本人は、普段、前からしか自分の姿を見ることはありませんから、それに気づかず、他人に指摘されてはじめて気づくことが多いハゲです。

(4)頭頂部+生えぎわM字ハゲ

頭頂部+生えぎわM字ハゲの図解

(1)と(2)の複合型です。頭頂部のハゲとM字型のハゲが複合して進みます。

(5)頭頂部+生えぎわハゲ

頭頂部+生えぎわハゲの図解

(1)と(3)の複合型です。最もハゲの進行がわかりやすいハゲです。

頭の形からはげを予測する

また頭の形から、はげ方を予測することも可能です。

  • 頭の中央部分が上にでっぱっている→(1)ハゲ
  • 頭の前部分がでっぱっている→(2)ハゲ
  • 後頭部がでっぱっている→(3)(4)ハゲ

になる可能性が高いと言われています。 これは、「でっぱっている」=「頭皮がつっぱっている」という状態になるため、その部分の血行が悪くなるためと考えられます。


バナースペース